哲多和牛牧場とは

哲多和牛牧場とは

哲多和牛牧場は 岡山県新見市旧哲多町の荒戸山の麓にある牧場です。
日本の和牛の元を築いた土地であり、その系統を継承し、設立当初から、消費者のグルメ志向や安心安全志向に対応する高付加価値の牛肉を生産し続けています。
和牛繁殖肥育一貫農場として、種付け(妊娠・出産)から子牛の育成・肥育出荷まで、自社牧場での一貫飼育に取り組んでおり、新見市指定のブランド特産品「千屋牛」を安定的に販売を行っております。現在1,430頭の千屋牛を飼育し、年間約500頭を出荷しており、岡山千屋牛生産の約60%を占めています。

飼育環境のひみつ

哲多和牛牧場は、平成25年度に一度、肥育牛の生産数を約100頭減らしたことがあります。
その理由は、あえて飼育数を縮小し、牛の飼育環境を整えて健康な牛を育てることを重視したからです。

今まで牛舎の一区画当たりの頭数を、4頭から3頭にすることによって、牛の1頭当たりのスペースが広がり、牛たちのストレス軽減になり、全頭が均一に餌を食べるようになりました。体格のバラツキがなくなり、1頭当たりの増体にも成功したのです。

また繁殖牛の周年放牧も積極的に行い、雪の中でも昼夜放牧を行っています。
放牧を通じて牛の足腰を鍛えることが出来て、体重も増え健康な牛が育ちます。

同時に平成25年度から専属の獣医を採用し、主に予防衛生、健康管理なども徹底して診てもらっております。

牧場敷地面積はとても広く、第1・第2・第3と合わせて3つの牧場があります。

牛の飼育写真

牛舎の写真

飼育環境のひみつ

おからの写真

エコフィード(おから・エリンギの培地・酒粕・ふすまなど)を、岡山県産米、発酵飼料などと混ぜて餌として与えています。
おからは広島県庄原市の豆腐屋さん、エリンギの培地は広島県三原市のきのこ農場、酒粕は最近有名になった山口県の獺祭(だっさい)などを与えています。
さらに飲料水はセラミックで処理したものを与え、栄養管理と、衛生的管理にも気を配っています。

※エコフィードとは、食品などを作る過程でできる食品副産物(豆腐を作るときにできたおからなど)を利用して作った飼料(フィード)です。
食品リサイクルによる資源の有効活用だけでなく、飼料自給率の向上も期待できるため、近年注目が高まっています。哲多和牛牧場では、エコフィードを利用するための飼料製造所を2012年に作り、本格的な取り組みを始めました。

牧場風景

妊娠中のお母さん牛 放牧の写真

親子の放牧風景

肥育期:生後9か月~30か月まで

哺育期:生後4日~約120日まで

皆様に心を込めて、安心と美味しさと感動をお届けします。

牧場だより

哲多和牛牧場のお知らせをPDFでご覧いただけます。

ご注文お問い合わせ
TOP